細かいディテールの大切さ

前回「原理の重要性」につて記述しましたが。
テクニックの細かいディテールも同様にとても大切です。


例えば、この横四方固め(サイドマウント)で抑え込むとき。
どちらの方がより効果的でしょうか?


ネックハグしている手を上に乗せるか?

 

ネックハグしている手を下にするか?

 

グレイシー柔術では原理の重要性とともに、細部のディテールも丁寧に教えてくれます。

What(何をするか)、How(どのようにするか)、Why(何故そうするか)、をちゃんと説明してくれます。

柔術を深く理解していないとできないことですね。

グレイシー柔術をしっかり教わり、理解し、自分も人に説明できるようにしています。

小さなディテールが大きな違いを生み出します。

上記の2つの違いも、当会ではきめ細やかに解説しています。