原理 > テクニック

柔術の道場では沢山のテクニックを習いますよね。

ひとつひとつのテクニックそのものよりも、その根底にある原理を理解する方がより重要です。

例えば、横四方のポジションから「キムラ」と「アメリカーナ」という2つの関節技があります。

2つは違う技ですが、そのメカニズムやディフェンスには同じ共通の原理があります。

その原理を理解することで、柔術をより深く理解でき身につけることができます。

そんな原理そしてテクニックをやっています。