Manage the dinstance ➡ Manage the damage ➡ SOCIAL DISTANCING

日本政府から緊急事態宣言が、東京都から休業要請などが、発布されましたね。

当会も協力し、休館を継続してまいります。

ご不便をおかけいたしますが、事態を悪化させないためそして一刻も早い終息のため、何卒ご理解ご協力のほどよろしくお願いします。

今できることの一つに、他者と距離をとる「 Social Distancing 」があります。

しっかりと距離をとって感染を防止しましょう。

この「距離」というのは、柔術において最も重要な概念です。

グレイシー柔術では、”Whoever manages the distance manages the damage in a fight.” と教えています。(意訳すると「距離を制する者はダメージを制す」とでも言いますか)

グレイシーのメダルにも最上段に DISTANCE MANAGEMENT と刻まれています。

ヒーロンは、「もし限られた時間しかないレクチャーなどで一つしか教えられないとしたら、Distance Management を教える。」と言っていました。

この「距離」の概念こそが、本来の柔術(グレイシー柔術)がスポーツ柔術とまったく違うところです。

実際に柔術(戦い)においてどう距離をコントロールするのか、当会でお伝えしております。

再開したらぜひ体験しに来てください。

いまは我慢のときです。